ステップ0.AGA治療おすすめの方法とは?


2つのステップに進む前に、まずはステップ0.として

AGA治療おすすめの方法について解説します。

 

 

AGA治療方法の選択肢

 

さて、AGAの治療には複数の方法がありますが、

基本的に以下の二つの選択肢から選ぶことになります。

⑴ 一般病院の皮膚科など

⑵ AGA専門のクリニック

ただし、AGA(男性型脱毛症)のあなたへのおすすめは、

一般の病院よりも、むしろAGA専門のクリニックの選択です。

何故かと言いますと、一般の病院では

プロペシア(有効成分フィナステリド)という、抜け毛を防ぐ内服薬の処方のみ行い、

現状の髪を維持する程度の治療にとどまってしまうことに他ならないからです。

その点、AGA専門のクリニックでは、プロペシアに加え、

ミノキシジルという、発毛を促進させる内服薬を処方し、髪を生やすという

観点からの治療が確立されているので、あなたの切実なる悩みである

AGAの治療には、まずはAGA専門のクリニックに通うことをおすすめします。

 

さて、ここであなたに、しっかりご理解いただきたいのは、

AGAであるあなたの治療法は、

プロペシアで脱毛を抑止し、ミノキシジルで発毛を促進させる

という治療に尽きるということと、

AGAであるあなたの薄毛は、ほぼ確実に改善に向かうということです。

ぜひ注意してほしいのは、冒頭でAGAの治療には複数の方法がある

と述べましたが、頭皮環境改善や増毛及び、カツラを望むわけではない

あなたにとって、育毛サロンという選択はおすすめできません。

何故なら、エステのカテゴリーに属する育毛サロンで、

髪が生えることはまずないからです。

 

リアップX5plusはどうなの?

 

ところで、あなたもご存じの通り、テレビCMで有名な発毛剤

リアップX5plusはどうなのか?」に関して言えば、確かに発毛効果はあるものの

抜け毛を防ぐ効果に乏しいため、私はあまりおすすめしません。

リアップX5plusは、有効成分ミノキシジルを配合した外用薬で、

 

内服薬ほどの絶大な効果は望めない上に、ローション自体のべたつきも強く、

一日二回、朝晩毎日の塗布は非常に辛いものがあります。

そもそも私は、頭頂部の薄毛改善のためにミノキシジルの外用薬を

使用し、4か月後にはほぼ改善されつつあったものが、

何故か5ヶ月目以降は再び脱毛が始まり、その後ミノキシジル外用薬を

使用する前以上に薄毛が進行してしまったという経緯があります。

ですから、AGAの場合、リアップX5plusを使用するのであれば、

脱毛を抑止するプロペシアとの併用が望ましいのです。

また、その他市販されている育毛剤、並びにシャンプーはじめ、

ヘアケア商品で発毛を期待できるものは、現状ない
と考えていいでしょう。

では、ここまでの話を整理しますと、

あなたのAGA治療におすすめなのは、まずAGA専門のクリニックに通うこと、

そして、その治療方法は、プロペシアとミノキシジルの内服薬の服用が

最も手軽で効果が高いということを覚えておいて下さい。

 

 

AGA治療に終わりなし

 

さて、そこであなたが気になるのは、やはり費用の問題でしょう。

AGA専門クリニックでの治療費用は、内服薬の処方で

1ヵ月あたり20,000円前後~30,000円台が相場です。

あなたの場合も、現状維持ではなく髪を生やすことが目的なので、

この金額を下回ることはないと考えて下さい。

1ヵ月あたり20,000円前後~30,000円台の費用が

高いか安いかはさておき、ここで理解してほしいのは、

AGAの治療は長期にわたるということです。

ある意味、終わりがない戦いとも言えるでしょう。

本来、髪が生えるにはおおよそ4カ月を要します。

AGA専門のクリニック(銀クリ)では、経過観察の一区切りを

6カ月としています。

半年、1年と経過を見て治療を進めていくわけですが、

あなたが、自らそれを止めると言うまで永遠に続くことになります。

AGA治療のためとはいえ、長きにわたるこの出費は、あなたにとって

かなりの痛手となるに違いありません。

しかし、AGA治療には、費用を含めそれなりの覚悟は必要なのです。

 

 

AGA治療方法の転機

 

話は変わりますが、実のところ私は、ミノキシジル外用薬の使用により

薄毛が以前にも増して進行してしまった結果に成す術もなく、

失意のどん底にあった折に、ふと目に入ったAGA専門クリニックの

ネット広告に魅かれ、サイトを閲覧したところ

薄毛治療は思ったほど高額ではないことを知り、

後にAGA専門のクリニックに通うという決断に至ったのでした。

それから1年間治療を続け、少なくともハゲには見えないレベルまで

髪が回復したところで、ある転機がやってきました。

それは、自己責任において、

自分の力でAGAの治療を行うという方法に転換するということでした。

詳しく言いますと、AGAクリニックに通うことを止め、

プロペシアやミノキシジルのジェネリック薬(後発医薬品)を、

海外から安く入手して服用し、AGA治療を続けるという方法です。

この方法ですと、1カ月のAGA治療費は、少なくとも

5,000円以下に抑えられるのです。

「まさに、目からウロコ!」と言いたいところですが

海外のジェネリック薬を入手し、服用するということには

大変大きなリスクも伴います。

ニセ薬の横行や、健康被害の報告がそれです。

そういう私自身も、数々のアクシデントを乗り越え現在に至っています。

(※それらについては、後日当ブログで後述します。)

よって、今すぐあなたに、この方法をおすすめすることは控えます。

ですから、これをお読みのあなたは、経過観察の一つの目安である

6か月間はAGA専門のクリニックへ通うようにして下さい。

そこで、AGA治療と内服薬に一定の理解を得た上で、

自己責任でのAGA治療に転換することをおすすめします。

その後については、当ブログの記述を参考に、

ぜひAGA治療を安く安全に行って欲しいと思います。

以上、2つのステップの前段階として、

 

AGA治療おすすめの方法について解説しました。

 

 

終わりに

 

さて、30歳なかばのあなたは、まだまだ若さに満ち溢れているはずです。

だからこそ尚更、薄毛である自分を受け入れられないでいることでしょう。

「人は見かけじゃないとか、男は顔じゃない」などと言いますが、

やはり容姿、それも髪に関する悩みは、私たち男にとって最たるものの1つです。

しかしながら、見かけにこだわりたい、カッコ良さにこだわりたいあなたは、

今や薄毛を改善することができるのです。

医療の進歩は本当に素晴らしいですよね?

50歳を過ぎた当の私も、まだまだ髪には未練たっぷりなくらいです。

あなた同様、独身であることも含め様々な心理がそこにあるからです。

近頃ようやく「坊主ヘアーで決めるのもありかな?」

という意識が芽生えては来ましたが、

いまだ持ってハゲを受け入れられない自分がそこにはいます。

特に、若い女性に接する機会がある場合などは、

「取り敢えず、現状ハゲじゃなくてよかったなぁ」と

つくづく思うことが多々あります。

カッコ良く見られたいというのは男の心情です。

私だって、まだヘアスタイルにこだわりたいですし、

まだまだ若い女性との結婚に希望を抱いているからです。

(※ハゲていたら若い女性と結婚できないという訳ではないです。)

同窓会に出席して「いつまでも若々しくて、全然変わらないね!」 って、

やっぱり言われ続けたいのです。

モテる男にも、それ相応の苦労が付きまとうのが常です。

ですから私は、もうしばらくの間はAGAに抵抗していくつもりです。

よって、私よりはるかに若いあなたも、ぜひAGAと対峙し、

失いつつある髪と、男としての自信を回復して行くことをおすすめします。

最後にもう一度言いますが、

あなたのAGA治療のおすすめとして、まずはAGA専門のクリニックに

通うことから始めて下さい。

ちなみに、私がお世話になったのは銀座総合美容クリニック(銀クリ)です。

近年は、雨後の筍のごとくAGAクリニックの乱立が目立ちますが、

都内在住のあなたなら、銀クリの一択で間違いないでしょう。

銀クリですと、主となる発毛治療(フィナステリド錠とミノキシジル錠の処方)で、

1カ月あたり19,250円(税込み)と、

信頼できるAGA専門のクリニックとしては業界最安となります。

もちろん、カウンセリングは無料で実施していますので、

これをお読みのあなたは、ぜひ銀クリに相談することをおすすめします。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

次回の投稿、ステップ1.もお読みいただければ幸いです。

 


カテゴリ:AGA治療法 

1 4 5 6
当サイト推奨AGAクリニック

公式サイト(gincli.jp)

ページの先頭へ