ステップ1.AGA治療で病院に行くならどこ?

昨今、「AGAは病院へ相談しましょう。」とは言うものの、

 

では、「一体どこを選べばいいのか?」

 

今回はこれについて解説いたします。

 

 

AGA治療で病院に行くならどこがいいのか?

 

それでは、1つ目のステップについてお話します。

「AGA治療で病院に行くならどこがいいのか?」について言えば、

率直に言って「AGAのあなたは、迷わずAGA専門のクリニックに行って下さい。」

それが答えです。

これを読まれているあなたに、まず知っていただきたいことは、

薄毛に悩む男性のほとんどがAGA(男性型脱毛症)であること。

そのAGA治療において、発毛が期待できる治療法は

プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルの投薬治療が王道であること。

そして、王道であるその治療を行えるのは

AGA専門のクリニックしかないということです。

 

男性のハゲ・薄毛のほとんどがAGA

 

ところで、テレビCMや巷の広告では、

「AGA」という言葉を数多く見聞きするようになりましたが、

実際、薄毛に悩むあなたが「AGA」という言葉に対して

即座に反応することはなかったはずです。

何故なら、そもそも自分の薄毛がAGAであるとは知る由もないからです。

実のところ私も、10年余り頭頂部の薄毛に悩まされた末、

物は試しと、ミノキシジル配合の外用薬(海外製品)を使用し、 結果として

それが逆効果を生み、一介のハゲとなり絶望の淵をさまよっていた折に、

ネット広告でAGA専門のクリニックという存在を知り、

その後治療を行うことで初めて、自分がAGAであることに気付いたのでした。

要するに、当の私でさえ10数年来AGAに悩んでいたにもかかわらず、

AGA治療で病院に行くという行動には繋がらなかったわけです。

 

 

AGA(ハゲ・薄毛)は改善できる

 

近年、盛んに

「AGAは病院に相談しましょう。」「AGAは病院で治療できます。」

というフレーズを耳にするものの、そもそもAGAというものに理解がない上に、

「ハゲは遺伝なので治るものではない」

「ハゲを治す薬はいかがわしいもの」

「ハゲを治すには莫大な費用が掛かる」

このような先入観も相まって、

所詮ある程度の年齢になれば髪は薄くなり、ハゲたら諦めるしかない。

と考えるのが関の山でした。

あなたもきっと、そのような考えでいたに違いありません。

しかし、現在は違ったのです。

薄毛に悩む男性の誰もが、決して高額ではない費用で

薄毛の治療を受けられる時代になったのです。

私事で恐縮ですが、

まだまだ、若い女性にカッコ良く見られたい、若々しく見られたい、

決してモテないわけではない私にとって、

ありのままをさらけ出すことができない自分が、たとえ愚かだと言われても

もうしばらくの間は、ハゲと言われたくない。

そんな私の切なる希望が、今叶っているわけです。

このことは、あなたにもそのまま当てはまるはずです。

いや、30代のあなたなら、この思いは私より何倍も強いことでしょう。

ですから、ぜひあなたも薄毛の改善を図り、

前向きな日常を新たにスタートさせて下さい。

 

AGA治療は銀クリに相談せよ

 

では、AGA治療で病院に行くならどこがいいか?という話に戻りましょう。

さて、私がAGA専門のクリニックに出向いたのは、2015年5月のことでした。

その当時、まだ一般の病院でAGA治療に対応できる場所は

今以上に限られたものでしたし、

それ以前に、一般の病院の外来で薄毛治療に行く勇気などありませんでした。

また、「育毛サロンで髪が生えるなんて絶対嘘だ!」と思い込んでいたので、

育毛サロンに通うという選択は毛頭ありませんでした。

(まあ、結局その考えは正しかったわけですが・・・)

その上、まだまだAGA専門のクリニックというものが、決して多くはない

時代でしたが、どうせ行くならAGA専門のクリニックと決めていた私は、

何となく、銀座という高級感のある響きと、通い勝手が良いことを理由に

「銀座総合美容クリニック」に通うことを決断したのです。

しかし、そんな安易な決断が

最も安く、まさに良心的なAGA治療であったことに感謝しています。

さて、AGA治療で病院に行くならどこ?と考えたところで、全く知識がないままでは

育毛サロンや詐欺まがいの、いかがわしいクリニックに行ってしまい

高額な治療費を請求されるケースが後を絶たないのも事実です。

それでも髪が生えればまだいいものの、髪が生えないのであれば

それこそ詐欺以外の何物でもないことになります。

これをお読みのあなたには、ぜひ無駄な費用を掛けずに

適正な価格でのAGA治療をおすすめしたいのです。

その点、銀座総合美容クリニックなら、患者が継続して治療に通える点を考慮し、

適正な治療費設定 を実現している

唯一無二のAGAクリニックと言っても過言ではないでしょう。

 

悪質なAGAクリニックにご注意

 

今や無数に存在するAGA専門のクリニックですが、

治療費の安さを売り物にして患者を集めるクリニックも増えています。

例えば、「AGA治療費1800円~」とか

「1カ月当たりの治療費平均3050円~」などですが

これらは、あくまでも外用薬及び

AGAの予防やAGAの進行を止めるという名目の治療費であり、

このような宣伝を行うクリニックでも、結局は発毛治療を希望するのであれば、

その費用は、1カ月あたり30,000円を下ることはないのです。

むしろ場合によっては、それ以上に高額な治療を勧められることさえあります。

私に言わせれば、そもそもAGAの予防など全く必要ないものだし、

AGAの進行を止めるだけで満足できる人など、いるわけがないのです。

さらに言えば、投薬以外の高額治療の必要性には、私はちょっと懐疑的です。

 

また、大事なことは、各AGAクリニックでの投薬治療の費用において、

 

下限~上限の表記があったとしても、発毛治療を希望するのであれば

すべて上限の費用が掛かるものと認識することです。

ひとえに、AGA治療で病院に行くといっても、どこでもいいというわけでは決して

なく、そこは、信頼できるAGA専門のクリニックを選ぶことがとても重要なのです。

ちなみに、AGAクリニックの知名度や、同系列クリニックの数の多さが、

適正な価格や信頼度に繋がるということは残念ながらありません。

AGA治療は、あくまでも保険適用外の自由診療であるだけに、

その費用には、各AGAクリニックで多様な開きがあることも念頭に置きましょう。

 

 

ステップ1.AGA治療で病院に行くならどこがいいのか?

それは、「銀座総合美容クリニックにおいて他にはない」と私は断言します。

ですから、都内在住のあなたなら、迷わず

1つ目のステップとして、銀座総合美容クリニックに行って下さい。

 

 

銀クリでの治療までの流れ

 

それでは次に、治療までの簡単な流れを説明しましょう。

まずは、無料カウンセリングの予約から行います。

ホームページか、直接電話であなたの都合の良い日に予約を入れましょう。

水曜日は休診日ですので、水曜日以外を選んでください。

さて、いよいよ予約日当日ですが、カウンセリングを行うにあたり、事前に

問診表の記入が必要ですので、少なくとも10分前に到着するのが望ましいでしょう。

記入内容としては、一般の健康診断と大差なく、

健康状態、病歴や薬の服用の有無などですが、ただ少し違うのは、

自分の頭髪の気になる箇所や、使っているシャンプーの品名を記入することです。

記入が終り次第、本人確認ができるものと一緒に提出します。

その後、カウンセリングを行い、続いて希望により、

あらためて治療を施すという流れになります。

さて、その際の費用ですが、

 

カウンセリング費用 無料
初診費用 ¥3,300-(税込)
血液検査費用 ¥5,500-(税込)
再診費用 無料
(再診時の費用は薬代のみ)
薬代
AGA治療内服薬(1ヶ月あたり) ¥7,150~¥19,250-(税込)



薬代につては、あなたの場合、発毛治療が前提となりますので、

上限の19,250円になります。

その内容は、あくまでも(フィナステリドとミノキシジル)内服薬の費用の合計です。

ただし、初月は身体に慣らすために、ミノキシジル内服薬に関しては、

含有量のごく低いものを処方されるため、

1,000円程度費用が安かったと記憶しています。

また、初診時には血液検査が必須となりますが、

1年以内の検診等の結果を提出できるのであれば、免除できる場合があるようです。

以上が、治療までの簡単な流れです。

 

終わりに

 

さて、1つ目のステップとしてAGA治療で病院に行くならどこがいいのか?

というテーマで長々と書かせていただきましたが、あなたのご参考になれば幸いです。

どうか、安さを売りにするAGAクリニックの戦略には乗らず、

 

銀座総合美容クリニックにて、まずは正しいAGA治療を行い、

 

ステップ2.に備えましょう。

 

ただし、AGA治療とはいえ銀座に繰り出すのは間違いないことです。

 

モテるあなたには最小限のお洒落は必要となります。

 

たとえ1ヵ月に一度の通院でも、銀クリの女性スタッフの目もあります。

 

実際、銀クリに通院した当初は、私もハゲていただけに、

 

女性スタッフのこころよい挨拶には伏し目がちでした。

 

しかし、3ヵ月4ヵ月と治療が進みAGAが改善されるにつれ、

 

女性スタッフに堂々と挨拶を返せる自分がそこにいました。

 

あなたもきっとそんな心理を味わうことでしょう。

 

是非、数ヶ月の間は、銀ブラがてら銀クリでのAGA治療に専念してください。

 

それでは、最後までお読み下さりありがとうございました。

次回の投稿【2つ目のステップ】も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 


カテゴリ:AGA治療法 

ステップ0.AGA治療おすすめの方法とは?


2つのステップに進む前に、まずはステップ0.として

AGA治療おすすめの方法について解説します。

 

 

AGA治療方法の選択肢

 

さて、AGAの治療には複数の方法がありますが、

基本的に以下の二つの選択肢から選ぶことになります。

⑴ 一般病院の皮膚科など

⑵ AGA専門のクリニック

ただし、AGA(男性型脱毛症)のあなたへのおすすめは、

一般の病院よりも、むしろAGA専門のクリニックの選択です。

何故かと言いますと、一般の病院では

プロペシア(有効成分フィナステリド)という、抜け毛を防ぐ内服薬の処方のみ行い、

現状の髪を維持する程度の治療にとどまってしまうことに他ならないからです。

その点、AGA専門のクリニックでは、プロペシアに加え、

ミノキシジルという、発毛を促進させる内服薬を処方し、髪を生やすという

観点からの治療が確立されているので、あなたの切実なる悩みである

AGAの治療には、まずはAGA専門のクリニックに通うことをおすすめします。

 

さて、ここであなたに、しっかりご理解いただきたいのは、

AGAであるあなたの治療法は、

プロペシアで脱毛を抑止し、ミノキシジルで発毛を促進させる

という治療に尽きるということと、

AGAであるあなたの薄毛は、ほぼ確実に改善に向かうということです。

ぜひ注意してほしいのは、冒頭でAGAの治療には複数の方法がある

と述べましたが、頭皮環境改善や増毛及び、カツラを望むわけではない

あなたにとって、育毛サロンという選択はおすすめできません。

何故なら、エステのカテゴリーに属する育毛サロンで、

髪が生えることはまずないからです。

 

リアップX5plusはどうなの?

 

ところで、あなたもご存じの通り、テレビCMで有名な発毛剤

リアップX5plusはどうなのか?」に関して言えば、確かに発毛効果はあるものの

抜け毛を防ぐ効果に乏しいため、私はあまりおすすめしません。

リアップX5plusは、有効成分ミノキシジルを配合した外用薬で、

 

内服薬ほどの絶大な効果は望めない上に、ローション自体のべたつきも強く、

一日二回、朝晩毎日の塗布は非常に辛いものがあります。

そもそも私は、頭頂部の薄毛改善のためにミノキシジルの外用薬を

使用し、4か月後にはほぼ改善されつつあったものが、

何故か5ヶ月目以降は再び脱毛が始まり、その後ミノキシジル外用薬を

使用する前以上に薄毛が進行してしまったという経緯があります。

ですから、AGAの場合、リアップX5plusを使用するのであれば、

脱毛を抑止するプロペシアとの併用が望ましいのです。

また、その他市販されている育毛剤、並びにシャンプーはじめ、

ヘアケア商品で発毛を期待できるものは、現状ない
と考えていいでしょう。

では、ここまでの話を整理しますと、

あなたのAGA治療におすすめなのは、まずAGA専門のクリニックに通うこと、

そして、その治療方法は、プロペシアとミノキシジルの内服薬の服用が

最も手軽で効果が高いということを覚えておいて下さい。

 

 

AGA治療に終わりなし

 

さて、そこであなたが気になるのは、やはり費用の問題でしょう。

AGA専門クリニックでの治療費用は、内服薬の処方で

1ヵ月あたり20,000円前後~30,000円台が相場です。

あなたの場合も、現状維持ではなく髪を生やすことが目的なので、

この金額を下回ることはないと考えて下さい。

1ヵ月あたり20,000円前後~30,000円台の費用が

高いか安いかはさておき、ここで理解してほしいのは、

AGAの治療は長期にわたるということです。

ある意味、終わりがない戦いとも言えるでしょう。

本来、髪が生えるにはおおよそ4カ月を要します。

AGA専門のクリニック(銀クリ)では、経過観察の一区切りを

6カ月としています。

半年、1年と経過を見て治療を進めていくわけですが、

あなたが、自らそれを止めると言うまで永遠に続くことになります。

AGA治療のためとはいえ、長きにわたるこの出費は、あなたにとって

かなりの痛手となるに違いありません。

しかし、AGA治療には、費用を含めそれなりの覚悟は必要なのです。

 

 

AGA治療方法の転機

 

話は変わりますが、実のところ私は、ミノキシジル外用薬の使用により

薄毛が以前にも増して進行してしまった結果に成す術もなく、

失意のどん底にあった折に、ふと目に入ったAGA専門クリニックの

ネット広告に魅かれ、サイトを閲覧したところ

薄毛治療は思ったほど高額ではないことを知り、

後にAGA専門のクリニックに通うという決断に至ったのでした。

それから1年間治療を続け、少なくともハゲには見えないレベルまで

髪が回復したところで、ある転機がやってきました。

それは、自己責任において、

自分の力でAGAの治療を行うという方法に転換するということでした。

詳しく言いますと、AGAクリニックに通うことを止め、

プロペシアやミノキシジルのジェネリック薬(後発医薬品)を、

海外から安く入手して服用し、AGA治療を続けるという方法です。

この方法ですと、1カ月のAGA治療費は、少なくとも

5,000円以下に抑えられるのです。

「まさに、目からウロコ!」と言いたいところですが

海外のジェネリック薬を入手し、服用するということには

大変大きなリスクも伴います。

ニセ薬の横行や、健康被害の報告がそれです。

そういう私自身も、数々のアクシデントを乗り越え現在に至っています。

(※それらについては、後日当ブログで後述します。)

よって、今すぐあなたに、この方法をおすすめすることは控えます。

ですから、これをお読みのあなたは、経過観察の一つの目安である

6か月間はAGA専門のクリニックへ通うようにして下さい。

そこで、AGA治療と内服薬に一定の理解を得た上で、

自己責任でのAGA治療に転換することをおすすめします。

その後については、当ブログの記述を参考に、

ぜひAGA治療を安く安全に行って欲しいと思います。

以上、2つのステップの前段階として、

 

AGA治療おすすめの方法について解説しました。

 

 

終わりに

 

さて、30歳なかばのあなたは、まだまだ若さに満ち溢れているはずです。

だからこそ尚更、薄毛である自分を受け入れられないでいることでしょう。

「人は見かけじゃないとか、男は顔じゃない」などと言いますが、

やはり容姿、それも髪に関する悩みは、私たち男にとって最たるものの1つです。

しかしながら、見かけにこだわりたい、カッコ良さにこだわりたいあなたは、

今や薄毛を改善することができるのです。

医療の進歩は本当に素晴らしいですよね?

50歳を過ぎた当の私も、まだまだ髪には未練たっぷりなくらいです。

あなた同様、独身であることも含め様々な心理がそこにあるからです。

近頃ようやく「坊主ヘアーで決めるのもありかな?」

という意識が芽生えては来ましたが、

いまだ持ってハゲを受け入れられない自分がそこにはいます。

特に、若い女性に接する機会がある場合などは、

「取り敢えず、現状ハゲじゃなくてよかったなぁ」と

つくづく思うことが多々あります。

カッコ良く見られたいというのは男の心情です。

私だって、まだヘアスタイルにこだわりたいですし、

まだまだ若い女性との結婚に希望を抱いているからです。

(※ハゲていたら若い女性と結婚できないという訳ではないです。)

同窓会に出席して「いつまでも若々しくて、全然変わらないね!」 って、

やっぱり言われ続けたいのです。

モテる男にも、それ相応の苦労が付きまとうのが常です。

ですから私は、もうしばらくの間はAGAに抵抗していくつもりです。

よって、私よりはるかに若いあなたも、ぜひAGAと対峙し、

失いつつある髪と、男としての自信を回復して行くことをおすすめします。

最後にもう一度言いますが、

あなたのAGA治療のおすすめとして、まずはAGA専門のクリニックに

通うことから始めて下さい。

ちなみに、私がお世話になったのは銀座総合美容クリニック(銀クリ)です。

近年は、雨後の筍のごとくAGAクリニックの乱立が目立ちますが、

都内在住のあなたなら、銀クリの一択で間違いないでしょう。

銀クリですと、主となる発毛治療(フィナステリド錠とミノキシジル錠の処方)で、

1カ月あたり19,250円(税込み)と、

信頼できるAGA専門のクリニックとしては業界最安となります。

もちろん、カウンセリングは無料で実施していますので、

これをお読みのあなたは、ぜひ銀クリに相談することをおすすめします。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

次回の投稿、ステップ1.もお読みいただければ幸いです。

 


カテゴリ:AGA治療法 

当サイト推奨AGAクリニック

公式サイト(gincli.jp)

ページの先頭へ