リアップの成分ミノキシジルとは何か?


リアップを筆頭とした、いわゆる発毛剤と呼ばれる医薬品には、ミノキシジルと

いう成分が含まれています。実際、AGA(男性型脱毛症)によって薄毛に悩むあな

たの髪を再び活性させ、発毛を促進させてくれるのは、このミノキシジルという

有効成分のおかげなのです。

そこで、今回は「ミノキシジルとは何か?」について述べたいと思います。



ミノキシジルとは?


ミノキシジルとは、そもそも血管拡張剤として開発された成分を指します。

ミノキシジルの歴史は古く、1960年代から米国のアップジョン社

(現ファイザー社)によって、研究開発は始まりました。その結果、1979年に

生まれたのが経口血管拡張剤「ロニテン」です。


血管拡張剤は、血圧を下げる効果があることから、当初は高血圧の人のために血


圧降下剤として使用されていました。

しかしその後、血圧降下剤を服用する患者に、薄毛の改善が見られるなど、髪が

生えてくるという副作用(多毛症)が確認されたことにより、さらに研究が進み、

それ以降、発毛目的で使用されることになったのです。

ミノキシジルでなぜ髪が生えるのか?


ミノキシジルは、毛を産生する皮膚器官の一つである「毛包」を活性化させた

り、小さくなった毛包を大きく深く成長させるなどの作用で、髪の発毛や成長を

促す効果があると言われます。

以前は、ミノキシジルの血管拡張効果で血流が良くなり、髪に栄養が届き易くな

ることによって発毛が促されるという見解が多くありましたが、それは誤りで、

ミノキシジルの成分は、髪の細胞に直接作用し髪が生えるのだという情報が正し

ようです。それが証拠に、他の血圧降下作用のある医薬品には、多毛症の報告

は見受けられません。


ミノキシジルには塗り薬(外用薬)の他に飲み薬(内服薬)もある


AGA治療薬として、今や欠くことのできないミノキシジルですが、ミノキシジル

には、リアップのような外用薬(塗り薬)の他に、内服薬(飲み薬)が存在します。


ミノキシジルの外用薬では効果が不十分であった場合は、ミノキシジルの内服薬

を考慮に入れるべきでしょう。

そもそも外用薬というものは、経皮(皮膚から)では1%程度しか吸収しないと言

われているので、ミノキシジルの外用薬でも同じことが言えるのです。


その点、内服薬は約90%の吸収率があるので、ミノキシジルにおいても、その効

果の優位性は認めざるを得ません。


しかしながら、ミノキシジルの内服薬をAGA治療薬として承認している国は、

日本はおろか世界を見渡しても類を見ません。とはいえ、現在、国内ではAGA

クリニックの治療においてミノキシジルの内服薬を処方することは、もはや主流

となっています。

ところで、下記は日本皮膚科学会における、男性型及び女性型脱毛症2017年版の

診療ガイドラインの指標です。

CQ1 フィナステリドの内服は有用か? A(男性)
D(女性)
CQ2 デュタステリドの内服は有用か? A(男性)
D(女性)
CQ3 ミノキシジル外用は有用か? A
CQ4 植毛術は有用か? 自毛植毛
B(男性)
C1(女性)
人工植毛
D
CQ5 LEDおよび低出力レーザー照射は有用か? B
CQ6 アデノシンの外用は有用か? B (男性)
C1 (女性)
CQ7 カルプロニウム塩化物の外用は有用か? C1
CQ8 t-フラバノンの外用は有用か? C1
CQ9 サイトプリンおよびペンタデカンの外用は有用か? C1
CQ10 ケトコナゾールの外用は有用か? C1
CQ11 かつらの着用は有用か? C1
CQ12 ビマトプロストおよびラタノプロスト外用は有用か? C2
CQ13 成長因子導入および細胞移植療法は有用か? C2
CQ14 ミノキシジルの内服は有用か? D


表の一番右にあるA~Dの表記は、それぞれの推奨度を示しています。

ちなみに、推奨度の分類は以下の通りです。

  • A.行うよう強く勧める
  • B.行うよう勧める
  • C1.行ってもよい
  • C2.行わないほうがよい
  • D.行うべきでない

表を見てお分かりのように、 CQ3 ミノキシジルの外用については、推奨度Aと

して、行うよう強く勧めるとありますが、 CQ14 ミノキシジルの内服について

は、推奨度Dとなり、行うべきでないというのが現状なのです。


では、なぜAGA治療薬として未承認のミノキシジル内服薬をAGAクリニックで

使用することができるのかというと、それは、患者にとって、その医薬品が必要

であり、かつ安全性と十分な効果が認められると考えられる場合には、医師の

判断により、海外の未承認薬等を使用することができるからです。


ただし、一般の病院ではミノキシジルの内服薬は処方していませんので、この場

合は、AGA専門のクリニックを受診することになります。


また、ミノキシジルの内服薬を入手するもう一つの方法として、個人輸入代行業

者を介して、海外から個人的に輸入する方法があります。


しかし、処方箋を必要とする医薬品を、知識もないままむやみに使用した場合、

副作用のリスクは甚大です。状況によっては重篤な症状をもたらしたり、死に至

る可能性も捨てきれません。ですから、あなたがミノキシジルの内服薬を必要と

した場合は、まずAGA専門のクリニックへ相談するべきです。


これらの情報は、ステップ1,並びにステップ2,という形で、当ブログにて詳

しく説明していますので、是非ご参考にして下さい。


ミノキシジルには耐性があり、徐々に効果が弱まる?


ミノキシジルの投薬治療を長く行っていると、何となく薬が効かなくなってきた

ような感覚にとらわれることがあります。そこで考えられるのは、もしかして

「ミノキシジルの内服薬には耐性があるのではないか?」という疑問です。

さて、その耐性とは、


耐性(たいせい)とは、疾病の治療に用いられる医薬品などを反復して投与するうちに、投与されたヒトや動物が抵抗性を獲得して効力が低下していく現象のこと。

Wikipedia より


しかしながら、現在のところ、ミノキシジルの内服薬に耐性があるという報告や

医学的根拠は示されていません。したがって、現況では、ミノキシジルの内服薬

に耐性はないといえるでしょう。ただし、先にも述べたように、ミノキシジルの

内服薬をAGA治療薬として承認していない限り、詳細なデータが示されることは

ないのかもしれません。


ミノキシジルの使用期間はいつまで?


髪が新しく作られるまでに要する時間は約4ヵ月だと、銀座総合美容クリニック

の医師に伺いました。リアップのCMでも、まずは4ヵ月の継続使用を奨励してい

るのはそのためだと思われます。AGAであれば、ミノキシジルを使用することに

より、必ず改善が見られます。個人個人の差はあるにせよ、あなたも、遅かれ早

かれその効果を実感することでしょう。

そんな中、とても重要なことに気づかされます。それは、ミノキシジルでAGA

治療を開始した時点で、「終わりのない戦いに身を投じていた?!」ということ

です。ミノキシジルでAGA治療を始めた当初は、まずは4ヵ月、そして、少なく

とも6ヶ月頑張れば薄毛は改善されるだろうと、モチベーションも上がるのです

が、その後「じゃあ、これはいつまで続ければいいのか?」という問題に突き当

たります。お分かりでしょうか?そうです、ミノキシジルを使ったならば、もう

止めることはできないのです。ミノキシジルを使って薄毛を改善することはでき

ても、AGAが根絶できるわけではありません。

したがって「ミノキシジルの使用期間はいつまでなのか?」

その答えは「もういいと、あなたがハゲを受け入れられるまで」

ということになるのです。

要するに、あなたがハゲを受け入れられない限り、ミノキシジルの使用期間は永

遠に続きます。

ミノキシジルを止めるとリバウンドでなおハゲる?


前項で述べた通り、現在はミノキシジルに耐性はないとされています。

したがって、あなたがミノキシジルの使用を継続している間は、発毛効果も継続

することになります。

では、ミノキシジルの使用を止めてしまったら、一体どうなるのでしょう?

ミノキシジルの力で発毛した髪は、ミノキシジルを止めれば、やはり発毛の力を

失います。平たく言えば、ミノキシジルで生えた髪は、ミノキシジルを止めれば

ハゲるということです。

ただし、ミノキシジルを止めたからといって、そのリバウンドで

「以前にも増してなおさらハゲてしまうのではないか?」という心配には及びま

せん。ただ単に、ミノキシジルを使わないでいた場合の、あなたの自然な頭髪の

状態に戻るだけです。でも、そこで一つ言えることは、最初にミノキシジルを

使って薄毛の改善を始めた当初にくらべ、月日を経た分、AGAが進行した状況に

あるのが、今の自然な頭髪の状態なので、その時点から比べれば現在の状況は、

「以前にも増してなおさらハゲた状態」に間違いないことになります。


ミノキシジル配合の発毛剤以外に選択の余地なし


ネット情報で、育毛剤や発毛剤のおすすめ商品や、人気商品の広告、並びに販売

サイトが無数に存在しています。また、相も変わらず、お湯や炭酸で洗髪すると

薄毛に良いなど「そんなわけないだろう!!」と言いたくなる情報も横行してい

るのが現状です。これを読んで下さっているあなたは、絶対にデマばかりの薄毛

改善情報に騙されないようにしてください。よくある騙し文句に

「ミノキシジルは副作用が心配なので、副作用のない他の育毛剤を購入するべ

き」「ミノキシジルの3倍の効果がある」などというものがありますが、再三当

ブログでお伝えしている通り、ミノキシジル配合の発毛剤以外で、実際に髪が生

えるなどどいう代物はこの世にはないのです。同様に、シャンプーや洗髪方法

で、髪が増えるなどということも絶対にないのです。

よって、あなたが薄毛に悩み、本気で薄毛の改善を望むのなら、リアップのよう

なミノキシジルが入った発毛剤を選択するしか道はないのです。

終わりに


さて、今回は「ミノキシジルとは何か?」について述べてきました。

ミノキシジルは、発毛剤としてはこの世で唯一の医薬品です。

ただ、外用薬で効果を感じない場合は、内服薬を服用してみることも検討すべき

でしょう。その代わり、正しい方法で安全にというのが前提となります。

AGA治療は長きに渡って継続するものです。薄毛改善の過程では思わぬアクシデ

ントが付きものです。そんな時に、一体どうすればいいのか?

当ブログが、そのための一助になれば幸いです。それでは、今回の投稿を終了

します。最後まで読んで下さりありがとうございました。

次回の投稿もどうぞよろしくお願いします。





カテゴリ:AGA基礎知識 

この記事に関連する記事一覧

当サイト推奨AGAクリニック

公式サイト(gincli.jp)

ページの先頭へ