薄毛を指摘されることはありがたいことなのか?


あなたは、薄毛を指摘されたことがありますか?

 

さて、あなたは薄毛を指摘されたことがありますか?

 

私はあります。確か34歳の時でした。私の薄毛を指摘したのは、当時の会社の上司

 

でした。ある晴れた日の午後、私と上司は歩道を歩いていたところ、その上司は、

 

何やら一歩下がると、こう言ったのです。

 

「君、後が少し薄くなってきてるから、オールバックの髪型なんていいじゃない?」

 

実は、私はその時、自分の薄毛には全く気づく由もなかったのです。したがって、

 

上司が言う「後が少し薄くなって…」と言う言葉に、最初は一体何のことだかわからな

 

かったほどでした。

 

「この人は一体何を言い出すんだろう」「オールバックがどうした?」

 

「後が薄いって…!!」その時、私の心に戦慄が走りました。

 

「もしかして、ハッ、ハゲのこと?」そういうことだったのです。

 

私の頭頂部(つむじの部分)の髪が薄くなり始めていたのです。

 

 

薄毛を指摘されたときの気持ちとは?

 

私は、上司の言葉の意味を理解した瞬間、膝から崩れ落ちそうな感覚に襲われました。

 

「なんで俺が…」「まだ34歳だぜ…」「この俺が若ハゲだった?…」ショックという

 

言葉では表せられないほどの、あまりにも強い衝撃でした。しかし、その一方で私の

 

気持ちの中に、「いや待てよ、この上司の見る目がおかしいのであって、本当は何かの

 

間違いだろう!」そんな気持ちが強く湧いてきたのでした。私はその日の仕事を終える

 

と、一目散に帰宅し洗面台に直行し、合わせ鏡で頭頂部の髪を映し出しました。

 

「ほらっ、なんでもないだろう…?!」「いやっ、なんか透けてる???」

 

「そんなはずはない!確か、最初からこうだったはずだ!!」「いやっ、やっぱり…」

 

絶対にハゲてなんかいない!と必死に抵抗する気持ちとは裏腹に、心の底で既に泣いて

 

いる自分がいることに気づきました。まだ、決して認めるつもりはなかったけれど、

 

「俺はハゲてたんだ?!」と思うと、仕事に行くのも億劫になり、数ヵ月は無気力状態

 

が続きました。また、人々(特に女性)の視線が気になり外出もままならない精神状態

 

にまで追い詰められましたが、その後回復はしてきたものの、一度折れた心が元通りに

 

なることはありませんでした。

 

 

薄毛の自覚がハゲの始まり?

 

そもそも私の髪は、非常に細く柔らかい、いわゆる猫っ毛という感じで、決して剛毛

 

というわけではありません。思い返せば、私の父は40代の後半から頭頂部の髪が薄く

 

なってきたのを覚えています。だからこそ私は、ハゲたくない一心で、常々シャンプー

 

にも気を使い、頭皮のマッサージを怠りませんでした。「将来ハゲるかもしれない?」

 

などと心の片隅で思いながら、少なくとも、父よりは早くハゲないことを念頭に人生を

 

積み上げてきたつもりでした。それが、まさかの34歳での薄毛の指摘。ということは、

 

30代前半で私の気づかぬ間に、既に薄毛が始まっていたことになるわけです。

 

そんなこんなで、私が会社の上司から下されたハゲ宣告は34歳でした。

 

この日を「宣告記念の日」とでも呼びましょうか・・・

 

私のAGAは、頭頂部(つむじの部分)が徐々に薄くなるという症状でしたので、私自身

 

全く自覚がありませんでした。小学校時代からモテ男で通っていた私は、人一倍身だし

 

なみにも注意を払ってきたつもりですし、もちろん髪型にもこだわっていました。

 

毎月美容室にも行ってましたし、日々、後頭部も気にかけていたつもりでいました。

 

そんな私が、上司からの指摘で初めて薄毛に気づいたのです。かっこよく生きることに

 

全力を注いできた私が、自分で気づきもせず、他人から薄毛を指摘されるという、

 

まさかの展開に衝撃を隠せませんでした。要するに、私のハゲは実質この瞬間から

 

始まったと言えるのです。上司から薄毛を指摘されることにより、一生涯消えることの

 

ない人生最大の悩み(そう思い込んでいた)を、その時から背負うことになったのです。

 

 

薄毛を自覚したらどうすればいいのか?

 

さて、たとえ指摘をされなくとも、薄毛を自覚した場合、あなたならどうしますか?

 

私が薄毛を指摘された20年前は、ただただ悩み続け、ハゲてしまったという現実を

 

受け入れる努力に時間を費やすことしか思いつきませんでした。

 

しかし現況はどうでしょう。ハゲは治すのが当たり前の時代です。したがって、

 

メディアでは、大正製薬のリアップシリーズ他、AGAクリニックのように、育毛では

 

なく、発毛を前提とした薄毛治療の宣伝で溢れています。現在は幸いなことに、薄毛

 

治療の選択肢が数多く存在するのです。中でも、今年の4月に発売されたリアップ×5

 

プラスネオに代表されるリアップシリーズのように、通販やドラッグストアで購入

 

できるミノキシジル外用薬は、重宝されるはずです。これ一本で確かに発毛効果が

 

期待できますし、誰しも病院の皮膚科やAGAクリニックを受診することは、できる限り

 

控えたいものです。しかしながら、リアップのようなミノキシジル外用薬で薄毛が完治

 

するのかといえばそれは疑問です。私はミノキシジルの外用薬を使用した結果、むしろ

 

ハゲを増長させてしまった経験があります。なぜならば、その理由は、リアップには

 

発毛を促進させる効果はあっても、脱毛を防ぐ効果がないからです。どんなに髪を生

 

やすことができても、その髪が成長を待たずに抜けてしまっては元も子もないのです。

 

ですから、リアップのようなミノキシジル外用薬を使用する場合は、プロペシア

 

(フィナステリド)のような、髪の成長過程を正常に戻し、早期の脱毛を抑止する作用が

 

あるAGA治療薬を服用する必要があるのです。これらを考慮した場合、結局はリアップ

 

などを購入するよりは、AGA専門のクリニックを受診する方が私は得策と考えます。

 

ですから、もしあなたが薄毛を自覚した時に、どうすれば良いのかと問われれば、

 

私はAGAクリニックを受診して下さいと答えます。

 

 

薄毛を指摘されることはありがたいことなのか?

 

急激に無数の脱毛が起こったり、あからさまにハゲが目立つというのならまだしも、

 

徐々に進行するAGAの始まりを認めることはとても難しいことです。

 

薄毛は、女性はもちろんのこと、私たち男性にとっても最大級の悩みの一つです。

 

だからこそ、自分の薄毛を認めたくないのです。その事実を受け入れられないのです。

 

それ故に、他人から薄毛を指摘されることはむしろありがたいと考えるべきでしょう。

 

ある意味、そこで踏ん切りがついて、前向きに薄毛の対処に取り掛かることができる

 

わけですから。けれども私は違いました。薄毛の対策を行うまでに10年以上の歳月が

 

かかりました。ただし、そこには理由があります。なぜなら私は当時、薄毛を治す

 

手立てなどあるわけがないと思っていたからです。それ故、私はコンプレックスに

 

陥り、ハゲや薄毛に関する情報を含めた、それらすべての言葉の響きを、自分の耳から

 

一切遮断していたのです。

 

しかし、現在は様相が変わりました。AGA発症の原因がおおよそ解明されたことに

 

より、ハゲが発症しない、また、ハゲが治る時代になりました。その意味では、現在

 

はAGAによる薄毛の悩みは、以前に比べてほとんどなくなっていると言っても良いの

 

ではないでしょうか。ですから、AGA治療が確立された今、たとえ他人に薄毛を指摘

 

されたとしても、決して悲しむことはないのです。それを切っ掛けに前向きに考え、

 

ただ単に治療を始めればいいわけですから。

 

上記のことから結論として言えるのは、薄毛を指摘されることは、現代では絶対的に

 

ありがたいと考えるべきなのです。

 

 

薄毛を指摘されたら迷わず銀クリへ!

 

AGA専門のクリニックは無数にありますが、都内在住のあなたなら迷わず銀座総合美容

 

クリニックを受診して下さい。銀クリなら、AGA治療の鉄板であるフィナステリド

 

(プロペシア)とミノキシジルの内服薬の処方で19,250円(税込)と、AGA専門の

 

クリニックの中では、とても良心的な料金設定となっているのです。同系列が複数の

 

クリニックや分院があるクリニックなど、メジャーなクリニックもたくさんある中で、

 

ほとんどのクリニックでは最低料金のみを表記している場合が多いのですが、銀座総合

 

美容クリニックでは唯一、発毛治療に不可欠なフィナステリドとミノキシジルの二つ

 

の治療薬を合わせて19,250円(税込)と、はっきり表記しているのです。料金が安い

 

からといって海外から輸入したAGA治療薬を、そのまま処方するのではなく、あくま

 

でも院内調合のオリジナル治療薬を処方しています。

 

ハゲ治療と聞けば、やはりなんとなく恥ずかしい気持ちになり、薄毛克服という明るい

 

未来があるにもかかわらず行動を起こしづらいという心理が働くのも確かなのですが、

 

そこは、いつまでもモテる男でいたいあなたなら、銀座を散策するついでに銀座総合

 

美容クリニックで、良心的なAGA治療を行うことをおすすめします。

 

終わりに

 

さて、あなたはそろそろ30代の中盤を迎える年齢になりました。男性としての真の魅力

 

が表れるのもこの年代からです。結婚前のあなたは、いよいよ本格的に将来の伴侶を

 

選ばなくてはなりません。そんな時、「やっぱりハゲてなくて良かった」と、つくづく

 

安堵できるあなたであってほしいのです。

 

「男だったらそんな悩みぐらいでいちいち悩むな!」と言う人がいるかもしれません。

 

しかし、お金と同様に、やっぱり「ないよりあった方がいいなぁ」と思うのが髪です。

 

AGAは男性型脱毛性というれっきとした病気だそうです。老化現象とは別物です。

 

だったら、治療を施すのが自然なのです。ですから、あなたも薄毛を指摘されたなら、

 

または、薄毛を自覚したならば、頑張って月々2万円を捻出し、まずは銀座総合美容

 

クリニックへ行ってみて下さい。きっと満足のいく結果が得られるでしょう。

 

それでは今回の投稿はこれで終了いたします。最後まで読んで下さりありがとうござい

 

ました。次回の投稿もどうぞよろしくお願いいたします。

 

無料カウンセリングはコチラからどうぞ⇒ 銀クリAGA.com

 

 


カテゴリ:薄毛に悩むあなたへ 

この記事に関連する記事一覧

当サイト推奨AGAクリニック

公式サイト(gincli.jp)

ページの先頭へ