薄毛やハゲの人は新型コロナウィルスが重症化する?!


さて、近頃、薄毛やハゲの人たちにとって聞き捨てならない、ニュースが飛び込

んできました。なんと薄毛やハゲの人は新型コロナウィルスに感染した場合、重

症化のリスクが高いと言うのです。すでに治療を施しているとは言え、そもそも

薄毛に悩んでいた私やあなたにとっても、他人事ではありません。したがって、

今回は薄毛やハゲと新型コロナウィルスの関係について述べてみることにしま

す。

薄毛やハゲの人は新型コロナウィルスが重症化しやすいのか?



スペインから提唱された仮説によると、スペインのとある病院に入院していた新

型コロナウィルス患者の男性41人のうち、29人(71%)がAGAであったという

ものであり、また同じくスペインから175人のAGAに関する解析が報告され、


新型コロナウィルスの入院患者175人のうち122人が男性で、かつ男性のうち

79%がAGAであり、また女性でも42%がAGAと判定されているということで

す。しかし、スペインと言えば、アデランスが1998年から2008年にかけて調査を

した世界薄毛ランキングにより2位にランクされているほどの薄毛大国で、単に

スペインには薄毛が多いだけではないか?という憶測もある中、これらの人たち

は、スペインにおける一般的なAGA発症者の頻度よりも、はるかに高いことが判

明しており、薄毛(AGA)であることが、新型コロナウィルス感染者の重症化に何

らかの関わりがあるのではないか?と提唱者は述べているのです。


また、イギリスからこの仮説を裏付ける研究報告がなされているようで、その報

告によれば、男性のアンドロゲンの濃度と新型コロナウィルスの重症化が関連し

ているということです。仮に男性のアンドロゲンの濃度が高ければ新型コロナウ

ィルスが重症化すると言うのであれば、AGAの発症者はアンドロゲンの一種であ

るDHTが多く発現しているわけで、AGAの人は新型コロナウィルスが重症化し

やすいという仮説も成り立つわけです。


薄毛治療がコロナウィルス感染も防ぐ?


イタリアからの研究観察によると、前立腺がんの治療として行うアンドロゲン抑

制療法という治療を行っている前立腺がん患者は、アンドロゲン抑制療法を行っ

ていない患者に比べて、新型コロナウィルス感染のリスクが4倍低かったどうい

う報告があるようです。この報告から言える事は、つまるところアンドロゲンが

低いことに比例して新型コロナウィルスへの感染リスクも低いことを示していま

す。


したがって、AGA治療を行っている人たちの中でも、あなたや私のようにフィナ

ステリドやデュタステリドを使用して、アンドロゲンの一種であるジヒドロテス

トステロン(DHT)の生成を阻止している状況にあるのならば、新型コロナウィル

スの重症化はもとより、感染リスクが低くなるという考えにもつながります。


終りに


さて、今回は薄毛やハゲの人と新型コロナウィルス重症化のリスクについて述べ

てみましたが、上記のいずれの報告も、現状ではあくまでも仮説であり、研究段

階に過ぎません。ただ、たとえAGAが新型コロナウィルスを重症化させるとして

も、AGAである私たちができる事は、今のところ、新型コロナウィルスに感染し

ないように気をつける事だけです。ところで、私事で恐縮ですが、最近私の仕事

の関係者で、2人の新型コロナウィルス感染が発生しました。実際私も、この2人

とは少なからず接触があったのですが、どうやら私は感染を免れたようです。

また、私以外に、この二人と接触したと思われる関係者の中で、新たに新型コロ

ナウィルスに感染していた人はいませんでした。これらの事象について私が思っ

た事は、「新型コロナウィルスは思ったほど周りに感染しなかった」ということ

です。昨今の新型コロナウィルス関連のニュースを見る限り、私の印象として

は、もっと簡単に人から人への感染が起こるものと思えただけに、私の中に、少

しながら安心感のようなものが芽生えた気がしています。もちろん、その背景に

は、各個人の感染防止への意識の高さがあるからに他なりません。

そこで、その要因の第一に挙がるのはマスクの着用です。新型コロナウィルスの

感染が広まりつつあった当初から、日本では専門家の間から手洗いはもちろんの

こと、マスクの着用を声高に訴えていた姿を思い出します。春先こそまばらだっ

たものの現在では交通機関や店舗内、または屋外 においても、100%とは言わな

いまでも、ややそれに近い確率でマスクを着用している人の姿が見受けられま

す。「マスクが全て」とは言いませんが、そのかいあって、日本では新型コロナ

ウィルスの感染拡大は、これ以上爆発的に起こることはないでしょう。これぞ日

本人の協調性がなせる技で、日本人はすぐれた国民性を持ち合わせた人種なのだ

と改めて感じます。さて、そうとは言えこの私も、実際にマスクを常時着用する

ようになったのは、確か4月に入ってからだったと記憶しています。正直に言い

ますと、私も本来はマスクは嫌いなたちで、以前から「マスクはダサイ、かっこ

悪い」と思っていただけに、コロナ禍が始まった当初は、率先してマスクを着用

したわけではなかったのです。しかしながら、私は仕事を休めない状況にもあ

り、何より高齢な両親が身近にいるため、いかんせん、新型コロナウィルスに感

染するわけにもいかず、最初は仕方なくマスクの着用を始めたものです。

ところが、習慣なんて、ものの1週間〜2週間もあれば身に付くもので、現在で

は、マスクなしでは人との接触に抵抗感じるほどになりました。


マスクを着用し、手洗いを徹底してソーシャルディスタンスを保つ、たったこれ

だけで新型コロナウィルスに感染しない確率が高まるのであれば、素直に聞いて

しかるべきだと私は思います。大体、今の状況下で、風邪をひいて発熱や咳、

くしゃみなど、風邪の諸症状があるだけでも、仕事を休まざるを得ないほか、

すべての行動を制限しなくてはならない事態に陥るわけで、風邪やインフルエン

ザのリスクを抑えるという意味でも、現況ではマスクの着用は必須となります。


ところで、マスクの話題と言えば、マスクの着用により、顔の目元から上が目立

つようになり、髪への意識が以前にも増して高まっているようです。それによ

り、今、増毛や植毛を含めた薄毛治療の専門機関が活況を見せているという話で

す。昨今のリモートワークによるリモート映えも相まって、薄毛治療に注目が集

まっているというのもわかる気がします。やはり、あなたや私と同様に、誰もが

自分をよりよく見せたいという願望がそこにはあるのでしょう。薄毛治療に踏み

切るのも何かのきっかけが必要となりますので、コロナ禍の世の中、テレワーク

などを機に薄毛治療を始めることには賛成です。また、AGAの人が薄毛治療を施

すことにより、新型コロナウィルス感染のリスクも少なくなるとなれば、もっと

良い話です。ただし、あなたや私のように、適正な料金で、正しい薄毛治療を受

けることが前提となることを強調しておきます。

以上、今回の投稿はこれで終了しますが、これを読んで下さっているあなたも私

も、AGA発症者である以上、新型コロナウィルス感染による重症化のリスクが高

い可能性を捨て切れないのであれば、感染を防ぐほか自分の身を守る術はありま

せん。くれぐれも注意して、今後の研究結果の報告を見守りましょう。


追伸


今朝のNHKニュースで、またまたちょっと気になる情報が発信されました。

以下の記事をご覧ください。



コロナウイルスで入院し、ことし2月から6月までに退院した人に、その後、聞き取りを行い後遺症の有無を調べました。
それによりますと、聞き取りができたのは63人で、平均年齢は48.1歳、複数の人に共通の症状があり、発症からおよそ4か月たった段階で、▽息切れがあったのは7人で、率にして、およそ11%、▽けん怠感と▽嗅覚の異常がそれぞれ6人で、およそ10%、▽せきが4人で、およそ6%、▽味覚障害が1人で、およそ2%でした。
さらに、この中で追加で調査できた58人のうち、ほぼ4分の1にあたる男性9人、女性5人のあわせて14人は、発症から2か月ほどのちに脱毛症になったということです。
このうち5人は、おおむね2か月半で治りましたが、残りの9人は、調査の時点で脱毛症になってからの期間が短かったこともあり、治っていなかったということです。

脱毛症は、エボラ出血熱やデング熱から回復したあとでも報告されているということですが、研究を行った森岡慎一郎医師は、「治療が長引いたことによる心理的なストレスが引き金になった可能性もある。今後も調査を続け、後遺症が出るリスクの要因を明らかにしていきたい」と話しています。


2020年10月23日5時54分 NHK NEWS WEB 


この記事を読んであなたや私が気になるのは、脱毛症ですよね?

実は、新型コロナウィルスの後遺症で脱毛症状が出ることは、以前から一部の情

報で取り上げられていました。余談ですが、実際にアメリカで活躍する女優の

アリッサ・ミラノさん『ドラマ<チャームド~魔女三姉妹~>などで人気』が、

今年の4月にコロナウィルスで陽性になり、その後の後遺症で脱毛が起こった事

実を動画で公表していました。「新型コロナが皆の髪の毛にどんな影響を及ぼす

か、ちょっと見せたいと思った‥どうかこの状況をまじめに受け止めてほしい」

と語っていたアリッサ・ミラノさん。

だた、この時点では、まだ脱毛の後遺症は限定的であるとの認識に過ぎなかった

のですが、ここにきて、どうやらその関連性を否定できない状況に様子が変わっ

てきました。

いずれにせよ、なんだか新型コロナウィルスと薄毛とは、やたらと繋がりがある

ように、素人の私でさえ感じるあまり、今回の投稿にこの情報を加えさせていた

だきました。

コロナウィルスに感染した上に、後に脱毛の後遺症が待っているなんて、こんな

最悪な事態は何が何でも避けたいものです。

アリッサ・ミラノさんも「マスクを着用して、もっと真剣に感染予防に努めるよ

う」ファンに呼び掛けていたそうですが、あなたも私も、是非自分自身をいまし

め、感染予防に努めましょう。

それでは次回の投稿もどうぞよろしくお願いいたします。

最後まで読んで下さり、ありがとうございました。


カテゴリ:薄毛に悩むあなたへ 

この記事に関連する記事一覧

当サイト推奨AGAクリニック

公式サイト(gincli.jp)

ページの先頭へ