「AGA治療薬の服用中止=ハゲに逆戻り」のジレンマ


昨日は、松山英樹選手のマスターズ優勝に沸いた一日でした。いずれはメジャー


も獲れるであろうと期待はしていましたが、マスターズでの初メジャーとは誠に


恐れ入りました。松山選手の、決してメディア向きではない無骨なところも、私


はなかなか気に入っています。スポーツを観戦しながら喜びのあまり感泣する。


私にとって、これほど幸福なことはありません。


松山英樹選手!本当におめでとうございます!!


では、本題に入りましょう。これは2月中のことですが、私はしばらく胃腸の具


合がおもわしくありませんでした。食事をしてもうまく消化してくれない感じが


あり、食後にお腹がもたれたまま、少し痛みも伴いました。


最初は「まぁ、こんな時もたまにはあるさ。」「ただ風邪気味なだけかもしれな


いし・・・」と気にも留めなかったのですが、それが2週間、3週間と続き、おま


けに便通まで滞るようになると、いよいよ不安な気持ちが頭をもたげてきまし


た。


そもそも、私は健康には自信があり、通常であれば少々の体調不良も「そのうち


治るだろう。」と楽観視するところですが、あなたと同様、いかんせん私も自己


責任でAGAi治療を続けているということもあり、体調不良の原因が、オオサカ


堂を介して個人輸入しているAGA治療薬にあるのではないか?という疑いを持た


ざる得ないのです。


ところで、現在私が使用しているAGA治療薬は


  • ロイド・ラボラトリーズ社のミノキシジルタブレット10mg

  • グラクソスミスクライン社のアボダート0.5mg


ですが、かれこれ数年使用している ロイド・ラボラトリーズ社のミノキシジルタ


ブレットが、体調不良の原因とは考えづらく、 もし疑いを持つならば、グラクソ


スミスクライン社のアボダートの方ではないか?と、 勝手な解釈で嫌疑をかけて


しまったわけです。これを読まれているあなたならご存知だと思いますが、 グラ


クソスミスクライン社のアボダートとは、ミノキシジル、フィナステリドに次ぐ


第3のAGA治療薬として 「AGA治療の最終兵器」と謳われた「デュタステリド」


を主成分とする【ザガーロ】と同様の成分が入った薬です。 ただし、こちらは本


来はAGA治療薬ではなく、あくまでも前立腺肥大症の治療薬として販売されてい


るものを、 AGA治療にも代用している薬です。「アボダートは、ジェネリック


(後発薬)ではなく、 れっきとした先発薬です。」


さて、アボダートに疑いを持った私は、急遽デュタステリド薬を、他の製薬会社


の製品に替えることにしました。そこで私が選択したのは、現在もミノキシジル


タブレットで使用しているロイドラボラトリーズ社製の【デュタボルブ】という


薬です。


なぜデュタボルブなのかと言うと、フィリピンに本拠地を置くロイド・ラボラト


リーズ社の医薬品は、品質に定評があることで知られているからです。上記の理


由から、私は3月2日にオオサカ堂にデュタボルブを注文しました。すぐさまオオ


サカ堂から、注文確認と振り込み依頼の返信が来ましたので、翌3月3日の午前中


に私は代金を振り込みました。すると、午後にはオオサカ堂から入金確認および


発送手配完了のメールが届きました。


今回の注文の内訳は


  • デュタボルブ0.5mg  30錠× 2箱 3505円です。


今回の注文も、やはり新型コロナウィルスの影響で航空貨物線が減便されている


ため、商品の到着には時間がかかり、デュタボルブが自宅に届いたのは4月1日の


正午でした。いまだもってオオサカ堂に注文したAGA治療薬は、到着に最短でも


1ヶ月を要することになります。


さて、ここで言っておきますが、結論としてはその後私の胃腸障害は、デュタボ


ルブの到着を待つ間に、不思議とすっかり治ってしまい、事なきを得たのでし


た。要するに私の胃腸障害は、ロイド・ラボラトリーズ社製のミノキシジルタブ


レットや、グラクソスミスクライン社製のアボダートが原因だったということで


は、決してなかったわけです。これには少しほっとしました。そして、そのおか


げで今回デュタボルブを試し飲みすることができ、今日で8錠目の服用となりま


す。今のところ、デュタボルブ服用後の体の状態としてはとても快調です。


ただ、問題は、ジェネリック薬品として本来のAGA治療の効果が本当に得られる


のか?という心配ですが、そこは、オオサカ堂が手配するデュタボルブに関して


は、真贋はおろか独自に成分鑑定をしているだけに、その効果は信用に値するも


のと言えるでしょう。私は、このままデュタボルブの服用を30日間続け、身体に


何も影響を感じることがなければ、今後はデュタステリド薬は、アボダートから


デュタボルブに替えて服用していこうと思います。オオサカ堂では、現在


  • アボダートは1箱30錠で3587円


  • デュタボルブは1箱30錠で2246円


と、かなり割安になっていますので、私のAGA治療のコストを考えても、より低


く抑えられる結果となり、まさに怪我の巧妙だったというわけです。


さて、今回の私の胃腸障害のように、あなたもAGA治療薬を服用する過程で様々


な体調の変化を感じることと思います。今回の私の胃腸障害は、単なる一時的な


体調不良だったようで事なきを得たのですが、もしこのような事態が2ヶ月、


3ヶ月と続いたときに、自己責任でAGA治療を行っているあなたは「一体どのよ


うに対処するのか?」ということが問われるわけです。


もはやAGAクリニックを頼っていないあなたは、誰に相談できるわけでもなく、


ましてや自らの身体不安をネット情報で払拭できるほど甘いものではありませ


ん。AGA治療を自己責任で行う恐ろしさはここにあります。


AGA治療薬を服用する限り、必ず薄毛は解消されていくでしょう。しかし、その


AGA治療薬によって、万が一何かしらの問題が発生したとしたら、すぐさま服用


を中止できるでしょうか?果たしてその原因も、100% AGA治療薬の影響とは限


らない中、『服用中止=ハゲに逆戻り』というジレンマのもと、AGA治療薬の服


用中止を決断するのはとても難しいことです。このような事態にならないために


も、私はこのブログを通して、AGA治療を行うには、まずAGA専門のクリニック


へ相談するようおすすめしているわけです。


それでは今回の投稿はこれで終了します。今回は、私のちょっとした体調不良に


よって、デュタステリド薬を代替したことと、自己責任でのAGA治療のリスクに


ついて再確認してみました。


以上、最後まで読んで下さりありがとうございました。


次回の投稿もどうぞよろしくお願いします。



カテゴリ:未分類 

当サイト推奨AGAクリニック

公式サイト(gincli.jp)

ページの先頭へ